スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早朝がおいしい

カレイ釣りでは、場所は岸壁から砂浜までひろく対象になります。仕掛けとしては天秤仕掛けが普通でしょうが、釣り道具やでセットされたものでも間に合います。場所の次に釣り時、タイミングですが、やはり早朝がいいと思われます。

全国で愛されてるカレイ釣り

カレイ釣りは日本全国何処でもファンが多く、釣れる魚ですが季節に関してはかなりの違いがありますね。北海道では夏の獲物なんですが関西や南の方では冬の魚と認識されているようです。 ですが初心者にもつれやすい魚なので釣りの入門者には格好の本格的な釣りの練習魚ではないでしょうか。

カレイ釣りの仕掛け

カレイ釣りの仕掛けは、天秤などが一般的ですが釣り具店でカレイ釣りの出来合いが安価で販売されています。セットで販売されているものも多いし、根がかりなどを校了してカレイ釣りには多めに仕掛けを用意しておきましょう。幾度か釣行を重ねたら自分で仕掛けを作る楽しみも堪能しましょう。

寒さ対策

カレイ釣りには寒さ対策を万全にしましょう。寒い季節ばかりではなく、釣り場所は平坦な岸壁や砂浜が多いはずです。風邪の影響や急な温度の変化をまともに受けるので余計に一枚を着込み熱かったら脱いで釣りを楽しむ心構えが必ず必要です。楽しい釣行がふいにならないように充分に注意をしておきましょう。

カレイ釣りの用具に三脚があります。岸壁ではなくてもなんとかなるのですが、砂浜では必需品となります。砂浜でのカレイ釣りには波の影響を受けない為に三脚もなるべく脚の長いものが必要です。岸壁では反対に足の短い風の影響を受けないようにすることが必要なんです。


カレイ釣りの仕掛けは、天秤などが一般的ですが釣り具店でカレイ釣りの出来合いが安価で販売されています。セットで販売されているものも多いし、根がかりなどを校了してカレイ釣りには多めに仕掛けを用意しておきましょう。幾度か釣行を重ねたら自分で仕掛けを作る楽しみも堪能しましょう。

カレイ釣りでは、当たり前ながら釣り場によってコツが違ってきます。岸壁釣りならチョイ投げ、浜でなら遠投ができないと話になりません。ベテランともなると状況に応じて釣り棹を変えたりとかしますが、なにより気軽にカレイ釣りを楽しもうというなら、岸壁釣りの簡単な用意から始めましょう。


釣れるシーズン

カレイ釣りにはその地方地方での季節が大いに関係します。日本は縦に長い国なので日本中どこかではカレイ釣りは楽しめますが、釣れているかどうかの確認は近所の釣具屋さんで聞くのが一番です。カレイ釣りは他の魚の釣れ具合のバロメーターでもありますから、カレイの情報は釣具店に集まるのです。

カレイ釣りの釣果を上げるには、投げっぱなしよりは少し誘いをかけるほうが釣れると想います。初心者のうちは遠投の練習を兼ねてなるべく遠くに遠投し誘いの練習をしながら、手元にゆっくり引き寄せ、つれなけばまた遠投を繰り返すことをお勧めします。また誘いは根がかりの原因にもなりますので換えの仕掛けや道糸を充分に用意しましょう。

カレイ釣りのベテランになると、竿も二本を用意するのが常識となります。多い人は三本、四本と用意しますが、あまり周りの人に迷惑をかけないように用意しましょう。竿数だけ用意してもポイントを間違えては台無しですが、置き竿のようにすると釣果も当然違ってきます。
結婚のために出会い隊
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。